原創翻譯:龍騰網 http://www.949557.live 翻譯:玉子家 轉載請注明出處

18年ぶりに輸入解禁、中國で和牛の実力は火を噴くか

時隔18年解禁進口,在中國和牛的實力會爆發嗎?



12月23日、中國は日本産牛肉の輸入を解禁すると発表しました。

12月23日,中國宣布解禁日本產牛肉。


日本國內で狂牛病(BSE、牛海綿狀脳癥)が発生した2001年以來、中國は日本産牛肉の輸入を禁止していました。今回、月齢30カ月未満の牛肉に限って輸入を解禁するとのことです。

自2001年日本國內發生瘋牛病(BSE、牛海綿狀腦癥)以來,中國就禁止進口日本產牛肉。這次解禁只限于月齡未滿30個月的牛肉進口。


背景には、中國國內で高まる牛肉需要に対する供給先確保のほか、価格高騰の続く豚肉需要の穴埋めなどがあると指摘されています。

其背景是,中國國內高漲的牛肉需求,除了要確保供應途徑之外,還要填補價格持續高漲的豬肉需求。


中國社會では、これまで肉とくれば豚肉一辺倒でしたが、近年は食の多様化に伴い牛肉の消費量が増加しています。また、日本の和牛はかねてより中國國內でも認知されており、今回の輸入解禁は日本の畜産、飲食業にとって大きなビジネスチャンスになりえます。

在中國社會,到以前為止肉類還是一邊倒向豬肉,不過,近幾年隨著食物的多樣化牛肉的消費量增加了。同時,日本的和牛從很早以前在中國國內也被承認,此次的進口解禁對日本的畜牧業,飲食業來說是個很大的商務機會。


■ 中國人では肉と言えば豚肉

■在中國說到肉,就是豬肉


前述の通り、中國で肉と言えば基本的に豚肉を指します。中國の種類別食肉消費比率をみると、1991年は90.8%が豚肉で占められており、牛肉の比率はわずか4.79%しかありませんでした。2017年になると豚肉が80.9%、牛肉が11.91%となり、牛肉の消費比率が増えていますが、依然として8割超が豚肉で占められています。

如前所述,在中國說到肉基本上指的是豬肉。從中國不同種類的肉類消費比率來看,1991年的90.8%是豬肉,牛肉的比率只有4.79%。到2017年,豬肉占80.9%,牛肉占11.91%,牛肉的消費比例雖然有所增加,但豬肉依然占了超過8成。


実際に中華料理のレパートリーを見ても、肉料理の材料となると豚肉が大半で、次いで鶏肉という順番になっています。

實際看中國菜的食譜,肉菜的材料豬肉占了大半,其次是雞肉。


それほどまでに中國では豚肉への依存度が高かっただけに、豚コレラの発生などに起因する今年の豚肉価格の急高騰は一部の消費者にパニックを引き起こしました。豚肉平均卸売価格は10月後半にキロ當たり52.3元(約816円)まで高騰。現在はやや落ち著いてきていますが、価格動向は依然と不安視されています。

由于中國對豬肉的依賴度如此之高,導致豬疫發生時,今年的豬肉價格暴漲,引起了一部分消費者的恐慌。豬肉平均批發價格在10月下旬漲到每公斤52.3元(約816日元)。現在雖然稍微降了下來,但是價格動向依然令人不安。


そうした中、高騰が続く豚肉の代替として牛肉への注目が急激に高まってきました。牛肉平均卸売単価も8月ごろから目に見えて高騰し始め、12月に入ってもまだ上昇を続けています。また、12月の価格を1月と比べると、価格上昇率は19.9%にも達します。

在這樣的情況下,作為持續高漲的豬肉的代替品,人們對牛肉的關注急劇高漲。牛肉平均批發單價從8月左右開始也顯著高漲,進入12月還持續上升。另外,12月份的價格與1月份相比,價格上升率達到19.9%。


■ 近年は輸入が急増

■近年來進口劇增


では中國の牛肉消費と需給狀況はどうなっているのか。

那么,中國的牛肉消費和供求狀況是怎樣的呢?


中商産業研究院などによると、2017年における牛肉消費量は前年比3.5%増の794萬トン、1人當たり消費量は約5.2キログラムとされています。

根據中商產業研究院等的調查,2017年的牛肉消費量比去年增加了3.5%,達到794萬噸,人均消費量約為5.2公斤


全體消費量が前年比3.5%増というと、一見してそれほど増えていないように見えます。ただこの消費量の內訳を調べてみると、海外からの輸入が近年急増していることがわかります。

整體消費量比去年增加了3.5%,乍看之下似乎并沒有那么增加。但如果試著調查這個消費量的明細的話,就能明白來自海外的進口近幾年劇增。


下のグラフは中國における牛肉の國內生産量と輸入量の年次統計をまとめたものです。見てわかる通り、國內生産量はここ數年、數%程度の微増にとどまっています。一方、輸入量は毎年2桁増のハイペースで増加中です。輸入量は2018年に初めて100萬トンを突破し、2019年には1~11月分だけで、2018年度をすでに41.5%上回る147.02萬トンに達しています。

據數據顯示,國內產量近年來僅有微增數百分點。另一方面,進口量以每年2位數的速度在增加。進口量在2018年首次突破100萬噸,到2019年僅1~11月份,就超過了2018年度的41.5%,達到147.02萬噸。


以上から、中國の牛肉需要?供給量の増加は実質的に、ほぼ外國産牛肉によって賄われていると言っていいでしょう。言い換えれば、中國では今、外國産牛肉がホットだということです。

從以上來看,可以說中國的牛肉需求、供給量的增加實際上是由外國產的牛肉來供給的。換句話說,在中國,現在外國產的牛肉很熱門。


■ 輸入牛肉の9割が5カ國から

■進口牛肉的9成來自5個國家


では、中國は主にどの國から牛肉を輸入しているのでしょうか。

那么,中國主要從哪個國家進口牛肉呢?


2019年1~6月の統計を見ると、主要輸入國はアルゼンチン(比率は21.71%)、ブラジル(21.39%)、ウルグアイ(20.32%)、オーストラリア(18.09%)、ニュージーランド(14.56%)となっており、南米およびオセアニアの5カ國からの輸入が9割超を占めています。

根據2019年1~6月的統計,主要進口國為阿根廷(比率為21.71%)、巴西(21.39%)、烏拉圭(20.32%)、澳大利亞(18.09%)、新西蘭(14.56%),來自南美及大洋洲5個國家的進口占9成以上。


なお、2004年の米國でのBSE発生を受けて、中國は米國産牛肉の輸入を停止していましたが、米國からの再三の要求を受けて、2017年に輸入は解禁されました。しかし輸入量に制限が設けられているほか、翌2018年からの米中貿易戦爭の勃発を受けて関稅が引き上げられたことにより、現在、中國國內市場には米國産牛肉はほとんど流通していません。中國は、日本以外にも牛肉の新規輸入先を増やしていますので、恐らく今後數年間は米國産牛肉の輸入量が劇的に増加することはないでしょう。

并且,受到2004年在美國的瘋牛病影響,中國停止了美國產牛肉的進口,不過,因為美國的再三的要求,2017年解除了禁令。但是由于受到進口量限制,第二年2018年開始的美中貿易戰爭,關稅提高,現在中國國內市場的美國產牛肉幾乎沒有流通。中國除了日本以外,其他地方的牛肉進口量也在增加,所以恐怕今后幾年都不會急劇增加美國產牛肉的進口量。


■ 普及を妨げる最大のネックは価格

■妨礙普及的最大瓶頸是價格


さて、けっして牛肉好きとは言えない中國人ですが、日本産の牛肉には高い関心を持っています。

話說回來,雖然不能說非常喜歡牛肉的中國人,但是對日本產牛肉倒是很感興趣。


実際に、中國人に日本旅行の楽しみを聞くと、溫泉、桜、歌舞伎町などとともに「神戸牛」の名が挙がります。特に女性ほど関心が高く、神戸牛を目當てに何度も日本へ旅行に行く人もいるほどです。それだけに今回の日本産牛肉の輸入解禁は、日本の畜産農家にとって大きな朗報と言えるでしょう。

實際上,如果問一下中國人去日本旅行的樂趣,“神戶牛”這一名字是與溫泉、櫻花、歌舞伎町等并列的。特別是女性對此很關心,也有人以神戶牛作為目標多次去日本旅行。正因為如此此次的日本產牛肉的進口解除禁令,對日本的畜產農家來說可以說是很大的好消息吧。


ただし、日本産牛肉が中國市場で普及するためには乗り越えるべきハードルがあります。まずネックとなるのは、何と言ってもやはり価格でしょう。

但是,日本產牛肉在中國市場普及的門檻,首先要跨過的不管怎么說還是價格吧。


日本産牛肉は、ブラジルやアルゼンチン産牛肉と比べて価格面で割高となることは明白です。そのため、中國市場で流通させるとしたら、富裕層向けとなる高級和牛が主力になるのではないかと思います。

日本產牛肉,與巴西和阿根廷產牛肉相比,在價格方面較高。為此,在中國市場要使之流通,可能把面向富裕層的高級和牛作為主力比較好。


もちろんボリュームゾーンとなる中間層向け市場の開拓も忘れてはなりません。筆者個人の意見を述べると、牛肉単體としてではなく、料理とセットで普及を図ることが一番ではないかと思います。具體的には、飲食店などで料理の食材に組み込み、和牛そのものの単価を意識させずに食べさせ、普及させていくという方法です。中國人にも人気がある「すき焼き」などの鍋料理がいいかもしれません。

當然,不可忘記向中間層的市場開拓。筆者個人的意見的話,不單是賣牛肉,而是追求普及料理和套餐不是更好嗎。具體來說,是在飲食店等食品材料中加入,讓和牛本身不用考慮單價而可以直接食用,這也是種使其普及的方法。像「日式牛肉火鍋」這種中國人也很受歡迎的火鍋菜說不定也不錯。


少子高齢化、人口減少により、日本の食肉市場は縮小しています。そんななか、日本の畜産業にとって海外輸出の拡大は不可欠と言っていいでしょう。突如として開かれた中國牛肉市場でシェアを握れるかは、畜産業のみならず和食に代表される飲食業の発展にとっても重要なポイントとなってくるはずです。

由于少子高齡化、人口減少,日本的肉食市場正在縮小。其中,對于日本的畜牧業來說,擴大海外出口可以說是不可缺少的。突然打開了的中國牛肉市場,如果能掌握其份額,不僅僅是畜牧業,對以日餐為代表的飲食業的發展來說應該也是很重要的。