原創翻譯:龍騰網 http://www.949557.live 翻譯:阿煌看什么 轉載請注明出處



(CNN) 英國を出発して24本の列車に乗り、9カ國をまたぐ2萬キロの旅を経て、中國にたどり著いた男性がいる。

(CNN)有一名男性從英國出發,乘坐24列火車,跨越9個國家,2萬公里的旅程,最終到達了中國。


社會學者のロジャー?タイアーズさん(37)は學術研究の目的で今年5月、英南部のサザンプトンから列車を乗り継ぎ、1カ月かけて中國東部の港灣都市、寧波にたどり著いた。かかった旅費は2500ドル(約27萬円)と、往復航空運賃のほぼ3倍だった。

這名男性是社會學家羅杰·泰爾斯(37歲),出于學術研究的目的,于今年5月從英國南部南安普敦換乘火車,花了一個月的時間抵達了中國的東部港口城市寧波。旅費為2500美元(約27萬日元),幾乎是往返機票的3倍。


タイアーズさんは気候変動に対する危機感に駆り立てられて、飛行機ではなく列車での旅を選んだと説明する。きっかけは昨年、世界が壊滅的な地球溫暖化を避けるために殘された時間は11年に満たないと予告した、國連の専門家の言葉だった。

泰爾斯解釋說:因為我對氣候變化有危機感,所以選擇了乘坐火車而不是飛機。去年,聯合國一位專家預言,世界為了避免災難性的全球變暖,剩下的時間不到11年。


世界では數千人がタイアーズさんと同じように、気候変動を理由に飛行機は利用しないと宣言している、スウェーデンの環境活動家グレタ?トゥンベリさんもその1人。
各國の政府が気候非常事態を宣言し、地球溫暖化が人の健康や野生生物の未來に與える壊滅的な影響について警告する中で、飛行機の利用は正當化できないとそうした人たちは主張する。
スウェーデンの活動家メイヤ?ローゼンさんは2018年に「フライトフリー」キャンペーンを立ち上げ、10萬人に呼びかけて、1年間、飛行機に乗らないと宣言してもらうことを目標とした。

瑞典環境運動家格雷塔 · 湯伯里也是其中之一,她曾說過,全世界有數千人和泰爾斯一樣,不會因氣候變化而乘坐飛機。當各國政府宣布進入氣候緊急狀態,并警告全球變暖對人類健康和野生動物未來的毀滅性影響時,這些人認為使用飛機是不合理的。2018年,瑞典活動家梅爾 · 羅森發起了“不坐飛機”的運動,目的是呼吁10萬人宣布他們一年內不再乘飛機。





タイアーズさんの計算では、中國への列車の旅に伴う二酸化炭素の排出量は、飛行機で往復した場合に比べて約90%少なかった。
「空の旅がどれほどの汚染を引き起こすか、人を飛行機に乗せて地球を橫斷するために必要なエネルギーと燃料がどれほどの量になるのかを理解するのは難しい」とタイアーズさんは言う。

泰爾斯先生的計算顯示,到中國的火車旅行所產生的二氧化碳排放量與乘坐飛機往返時相比,少了大約90% 。“很難理解空中旅行會造成多少污染,以及將人帶上飛機橫穿地球所需要的能量和燃料將要多少。” 泰爾斯先生如是說。


歐州委員會によると、乗客1人が旅客機で英ロンドンから米ニューヨークを往復した場合に排出される二酸化炭素の量は、歐州連合(EU)の家庭の暖房を通じて年間に排出される二酸化炭素の1人當たりの平均量に匹敵する。

根據歐盟委員會稱,如果一名乘客乘坐客機從英國倫敦往返美國紐約,其排放的二氧化碳量相當于歐盟家庭供暖系統每年排放的二氧化碳的人均量。


航空會社290社が加盟する業界団體の國際航空運送協會(IATA)は、2050年までに排出量を2005年の半分に減らすという目標を打ち出している。
一方、列車の場合は電気化を推進してクリーンな電力を使うことで、二酸化炭素の排出量をさらに減らすことができる。

擁有290家航空公司的業界團體國際航空運輸協會(IATA),提出了截止到2050年將排放量減少到2005年的一半的目標。相反,列車則通過推進電氣化,使用清潔電力,可以進一步減少二氧化碳排放量。