原創翻譯:龍騰網 http://www.949557.live 翻譯:Hana.liu 轉載請注明出處

Makino Kazu, プロモーショナルマーケター(資格は更新せず)

牧野和,市場營銷(資格證未更新)


正直あまり空港を使う機會がないのもあって私自身がなにかに遭遇したことはないのですが、大分空港のこちらを紹介します。ちょっとほっこりしますよね。海外からの渡航客にも評判が良いようです。

說實話我并不經常坐飛機,所以在機場的親身經歷并不多。下面我要介紹的是大分空港的這個(請看下圖)。這是大分機場中蠻暖心的一個場景,海外游客們也對此好評如潮。





この「回転壽司」を始めてから今年で11年になります。「どうして続けているのか?」の問いに「ウチが元祖だからです!」と一言。今は、富山きときと空港では壽司の盛り合わせ、岡山空港では桃太郎、うどん県高松空港ではうどん、など各地の地方空港で地元の名産物をターンテーブルに回すのが流行っていますが、ここは元祖として負けられないとのこと。

這個“回轉壽司”從開始投入大分機場使用到現在已經第11年了。你若問“是什么讓你們一直堅持這樣做呢?”,他們會回答說“因為我們是這項創意的鼻祖呀!”現在,富山機場(在日本被愛稱為” 富山きときと空港”)使用的是壽司拼盤,岡山機場用的是桃太郎,烏冬縣的高松機場用的是烏冬面,等等。現在各地的地方機場都開始流行把本地的特產放在行李輸送帶上回轉,我們機場作為創始人更不能輸給他們。


ちなみにわたし、空港のある街で育ったのですが、騒音対策で學校の窓は二重で40年前にも関わらずエアコン完備でした。運動場で見上げると著陸する飛行機の車輪まではっきりと見えて…それが貴重といえば貴重な體験かもしれませんね。

順便跟大家說說我的一個經歷,在我長大的小鎮上有一個機場。當時為了防止噪音,學校的玻璃被加工成了雙層構造。雖說那會兒是40年前,但空調等設備非常完善。在運動場上抬起頭,可以清晰地看到即將著陸的飛機的車輪……現在回想起來,那也是一段非常寶貴的經歷。


Madoka Noda, 學士 法學部 & 政治學科, 成蹊大學

野田瞬,學士 法學部&政治學科,成蹊大學


ヒースロー空港で。もう七年ほど前の話です。

大約在七年前,在希思羅機場的時候。





えっ?と驚くと、私の前のカップルの男性が、嘔吐をしていたのです。女性は、自分の洋服が吐瀉物で汚れていることなど気にもとめない様子で、ずっと彼の背中をさすっていました。

誒?怎么回事?吃驚之余突然發現我前面的那對情侶中的男人正在嘔吐。那個女人的衣服被男人吐出來的東西弄臟了,但她全然不在意,一直不停地在撫摸著那個男人的后背。


あれよという間に空港のスタッフがやってきて、彼らはどこかに行ってしまいました。多分救護室に行ったのでしょう。

過了一會兒,機場的工作人員來了,帶著他們不知去了哪里。應該是去救護室了吧。


あとにも先にも、これを超える衝撃的な出來事に出會ったことはありません……。

在這之前或之后,我再也沒碰到過比這印象更深刻的事情了……。


Shogenji Katsuya

生源寺克也


大分昔仕事で日歐往復してました。ソ連時代でモスクワ空港乗り継ぎ中、駐機內から機外を観てると、作業員が寒いうえ、重たさそうな大型カバンをボンボンほうり投げて、グチャグチャに成って居るのを観て、どうりでが滅茶滅茶痛む、保険適用などで取り返しつかないと思った事でした。今は直航できるのでそんなリスクはすくないだろうが??

很早之前我由于工作原因經常來往于日本和歐洲之間。蘇聯時期有次在莫斯科機場轉機的時候。我從飛機內往機外看,看到作業人員在大冷天里,把看起來很重的大包砰砰地往下面扔。看著行李包亂糟糟地攤成一片,心想怪不得這些包會破的一塌糊涂,如果保險適用要求理賠的話,這個損失要大的一發不可收拾了吧。還好現在飛機基本都是直飛的,這種風險也可以避免掉很多了……


Kosuke Haneda, University of the Arts LondonでCordwainers Footwearを専攻

羽田孝介,倫敦藝術大學皮革鞋類專業





最初免稅店で買った要冷蔵の食べ物かと思いましたが、やたら物々しい佇まいで多分移植用の臓器か何かかなと。実際のところは聞いてないので分かりませんが,大事そうに両手で抱えてましたよ。

剛開始還以為他是在免稅店買的需要冷藏的食物之類的東西,但看他那個嚴肅的樣子我猜想大概是移植用的臟器之類的。不過實際上我也沒問,所以并不清楚,只是看他非常寶貝地兩只手緊緊地抱著,猜想應該是非常重要的東西。