原創翻譯:龍騰網 http://www.949557.live 翻譯:東拐西拐 轉載請注明出處



量子技術、しのぎ削る米中 中國外して日米歐で協力模索

面對在量子技術領域激戰正酣的美國和中國,日本當局決定在該領域和中國劃清界限和美歐國家合作


スーパーコンピューターの速度を大幅に超える次世代の量子コンピューターを始めとする「量子技術」の研究分野で、日米歐が今後の協力について話し合う國際會議が16日、京都市で始まった。実用化まで先は長いが、社會や経済に大きなインパクトを與える可能性のある技術をめぐり、研究協力と利害調整の難しいかじ取りが各國政府に求められている。

在以速度上超越現有的超級計算機的計算速度的量子計算機為代表的量子技術的研究領域,本月16日在日本京都召開了一個探討日美歐今后在量子技術領域如何進行好合作的國際會議。雖然量子技術要實現實用化還有很長的路要走,但是鑒于量子技術將來可能會對社會和經濟產生巨大的影響,各國政府都在探討如何在這一領域進行合作、使得該技術的應用能夠趨利避害。





內閣府は11月、國の「量子技術イノベーション戦略」の素案をまとめ、発表した。基礎研究では門戸を広げつつ、知的財産や國際標準化戦略を定めて國益を確保する「オープン?クローズド戦略」を進めるとし、當面、米國?EUとの協力枠組みの合意、研究協力の拡大などを目標に掲げた。京都市で始まった會議では、國際的な輸出管理の枠組みで規制強化の対象となっている中國は除外しつつ、日米歐でどう研究協力を進めるかを話し合うものとみられる。

日本內閣府在11月份的時候制定發表了國家的《量子技術革新戰略》的實施草案,確立了對量子技術的基礎技術的自主研究、保護自主知識產權以及讓日本的量子技術符合國際標準的戰略以保障日本的國家利益。日本當局把這個戰略稱之為“開閉戰略”。日本已經和美國以及歐盟達成了合作的一致意見,目標是擴大日美歐在該領域的合作范圍。在京都市召開的這個會議上,在國際出口管理的框架內已經成為各國設限的對象的中國被排除在合作伙伴的資格之外,探討了日美歐如何在這一領域進行合作研究。